リクライニングチェアー背もたれ修理について


*リクライニングの金具関連の修理は受け付けておりません

オフィスや自分の部屋用に、リクライニングチェアーを購入し、

時間の経過により、いろいろな部分が消耗していきます。


消耗する場所は、生地やクッション、金属パイプ部分、ガス圧部等。

今回は、リクライニングチェアー背もたれ部分の修理について。

 


上記の画像は、背もたれのジョイント部分が壊れ、

背の部分が不安定になってしまい、

背をもたれる事ができない状態になってしまった、リクライニングチェアーです。


上記の場合、背の骨組みが成型合板という素材で製作されている為、

修理不可能です。


背・座が分離している構造で、肘掛けの部分と背のジョイント部分に、

力が集中する構造になっており、過重に耐え切れずに破損した状態になって

おります。

基本的に当店では金具関連の修理は受付しておらず、
買い替えをオススメしております。

リクライニングチェアーを購入する場合、
高額のリクライニングの場合は金具が破損した場合、
修理を受け付けてくれるかどうかの確認が必要かもしれないですね。


*リクライニングの金具関連の修理は受け付けておりません


   




お問い合わせ先

家具工房花
 電話 011-386-0909
FAX 011-386-0909
(夜7時まで受付)      

メールフォームお問い合わせ
日曜定休



椅子修理全般関連記事
Q&A

・回転椅子メンテナンス

・リクライニングチェアー
 背もたれ修理について


・回転椅子回転盤の交換